新着情報  バイオトイレ
のしくみ
災害対策用
バイオトイレ
環境省環境技術
実証事業DVD和文
環境省環境技術
実証事業DVD英文
エコロジカル
サニテーション
 災害・
多目的仕様 
協力
大学
お問い
合わせ
特許関係 炭焼窯 誘導雷
対策装置
カタログ
ダウンロード
会社案内 展示場
案内
販売代理店
募集
リンク
バイオトイレTop> 販売代理店募集
バイオトイレの歩み
バイオトイレ/バイオR21
建物一体型 移動・常設
バイオトイレ MDBR
バイオトイレ 価格表
建物一体型 常設・ログ調
バイオトイレ JDBR
バイオトイレ オプション
ハイブリッド納入例
バイオトイレ山岳納入例
バイオトイレ全国施工例
し尿分離バイオトイレ施工例
バイオトイレ・バクテリア
セパレート便器
し尿分離システムJSS・SBS
雨水手洗い装置
尿内有価物分離装置
設置参考図面
ランニングコスト

販売代理店募集
大央電設工業株式会社


日本は従来より地震大国であるとの認識から、災害対策用のトイレとして、自己処理型
バイオトイレの製造販売を進めて参りました。
去る3月11日には未曾有の大災害となっています、東日本大震災が発生し、地震・津波・原発の三重苦が今尚続いています。

従来の自己処理型バイオトイレは、菌床となる木質チップやおが粉に自然に含まれるバクテリアに、発酵分解を任せていました。そのため、完全に発酵分解することが難しく、悪臭が発生したり、年に何回か菌床の交換作業が必要になりました。
また、限られた大きさの処理槽の中でし尿を処理するため、1日の使用制限がありました。

弊社では、信州大学農学部との共同開発により、悪臭の原因となる油成分まで発酵分解可能な、好気性バクテリア(特許)を開発しました。これにより、使用制限内であれば菌床の交換作業が不要になりました。
更に、災害時やイベント等で使用回数が急激に増加した場合でも、1日の使用制限を超えて継続使用可能なシステムを開発しました。セパレート便器と、し尿分離システム(重量センサーシステム併用)が特許となり、弊社独自のバイオトイレシステムが完成しました。

また、独立行政法人科学技術振興機構の、戦略的創造研究推進事業の研究成果である「尿内有価物分離装置」の実施権が弊社に許諾されました。京都大学教授陣により開発されたこの装置と、弊社バイオトイレシステムの併用により、し尿は廃棄物から資源へと変身します。

北海道から沖縄まで全国で実績を上げ、公園や山、海だけでなく、高速道路や空港内でも活躍しています。

上記、自己処理型バイオトイレ「バイオR21」の販売代理店を募集しています。
詳しくは本社までご連絡ください。


お問い合わせ先  大央電設工業株式会社    TEL 0266-82-2233

                                            平成23年4月1日

Copyright (C) 2001 Daio Densetsu Industrial Co.Ltd. All Rights Reserved
           バイオトイレの大央電設工業株式会社.