新着情報  バイオトイレ
のしくみ
災害対策用
バイオトイレ
環境省環境技術
実証事業DVD和文
環境省環境技術
実証事業DVD英文
エコロジカル
サニテーション
 災害・
多目的仕様 
協力
大学
お問い
合わせ
特許関係 炭焼窯 誘導雷
対策装置
カタログ
ダウンロード
会社案内 展示場
案内
販売代理店
募集
リンク
東海大学
京都大学 大学院

NPO法人「小貝川プロジェクト21」(茨城県)と北海道大学大学院工学研究科が進めているバイオトイレの共同実験を諏訪中学校敷地で実施しています。
北海道大学 大学院の高橋正宏教授(52)=環境工学=との共同実験となります。
共同研究協定書はこちらをご覧下さい。

バイオトイレTop >  バイオトイレ 協力大学
尿内有価物分離装置」開発 及び 開発の背景                        '08/07/17
信州大学

京都大学 地球環境学大学院 松井教授の提唱するエコロジカルサニテーションを実現できる唯一のバイオトイレです。
「国際トイレワークショップ2005」 の松井教授の基調講演にて国産災害対策用し尿分離型トイレとして紹介されました。 エコロジカルサニテーションのページに詳しく解説していますのでそちらをご覧下さい。

Copyright (C) 2001 Daio Densetsu Industrial Co.Ltd. All Rights Reserved
           バイオトイレの大央電設工業株式会社.

クリックで拡大表示します。

バイオトイレの歩み
バイオトイレ/バイオR21
製品・価格表 建物一体型
移動・常設 バイオトイレ MDBR
建物一体型 常設・ログ調
バイオトイレ JDBR
バイオトイレ オプション
ハイブリッド納入例
バイオトイレ山岳納入例
バイオトイレ全国施工例
し尿分離バイオトイレ施工例
バイオトイレ・バクテリア
セパレート便器
し尿分離システムJSS・SBS
雨水手洗い装置
尿内有価物分離装置
設置参考図面
ランニングコスト

「尿内有価物分離装置」開発

 この装置の開発は独立行政法人科学技術振興機構の戦略的創造研究推進事業の研究成果である 「尿内有価物分離装置」に係る実施権を弊社に許諾されたものです。

「尿内有価物分離装置」開発の背景と尿内有価物分離装置の詳細は尿内有価物分離装置ページを参照下さい。

弊社は、信州大学 農学部と「バイオトイレにおける微生物発酵の解明」の共同研究を行っております。詳しくはバクテリアのページをご覧下さい。

東海大学 バイオトイレの機能だけでなく分離回収した尿の利用法等の実証試験を開始しました。


 去る9月17日、東海大学湘南校舎に移動設置可能な、建物一体型バイオトイレが設置され、実証試験が開始されることとなりました。
機種はMDBR−MKY2−ML型−HWR−JSS−SBS−尿タンク300L−セパレート便器です。
今後の課題としてはバイオトイレの機能だけでなく、し尿を安全に分離回収することにより貴重な資源として活用する仕組みについて、さまざまな実証実験を重ねて行く方針です。
このプロジェクトの担当は、東海大学工学部建築学科・大学院工学研究科建築学専攻助教授の高橋達博士です。
希望があれば見学も受入可能です。  詳細はこちら

北海道大学