日本語監役者の言葉
まえがき
謝辞

目次


第1章.はじめに
 1.1 挑戦
 1.2 展望

 1.3 原理
 1.4 この本の内容

第2章 衛生と再利用
 2.1 衛生:病原体の死滅
    2.1.1 病気に関連した排泄物の衛生対策
    2.1.2 病原体を死滅させる方法
    2.1.3 段階的な病原体の死滅
 2.2 再利用:栄養素の土壌への還元
    2.2.1 尿(Urine)
    2.2.2 糞便(Faeces)

第3章 生態系を考慮した衛生対策(エコサン):従来の対策と新しい代替策
 3.1 脱水に基礎を置く衛生システム
    3.1.1 ベトナムの並列貯蔵槽脱水型トイレ
    3.1.2 中央アメリカとメキシコでの並列貯蔵槽脱水型トイレ
    3.1.3 スウェーデンの脱水型トイレ:WMエコローゲン
    3.1.4 エルサルバドルにおける“テクパン”太陽熱トイレ
    3.1.5 エクアドル(南米北西部の共和国)における並列貯蔵槽を持つ太陽熱暖房トイレ
    3.1.6 イエメンにおける室内の長距離落下式脱水トイレ
    3.1.7 インド、ラダーク地方の室内での乾燥式トイレ
 3.2 分解(堆肥化)による衛生システム
    3.2.1 スウェーデンの一槽式堆肥化トイレ「クリブス・ムルトルム(Clivus Multrum)」
    3.2.2 ノルウェーの「カルーセル(回転式)」多槽式堆肥化トイレ
    3.2.3 メキシコの太陽熱堆肥化トイレ「シルド・セコ」
    3.2.4 キリバスの可動式ゴミ箱利用トイレ
    3.2.5 南太平洋のCCD式トイレ
    3.2.6 インドの二層式トイレ

第4章エコサン(Ecological Sanitation)の実施に向けて
  4.1 注意すべき諸事例
    4.1.1 なじみのない諸特徴
    4.1.2 エコサンシステムの繊細性
    4.2 エコサンシステムの設計と管理の特徴
    4.2.1 液体の取り扱い
    4.2.2 ‘脱水’ど分解’
    4.2.3 その他の技術
 
  4.3 雑排水(Grey Water)
  4.4 エコサンシステムの選択
  4.5 家族と社会に対する促進と支援
    4.5.1 社会に権限を与えることと促進
    4.5.2 エコサンの推進者および地域社会の教育と訓練
    4.5.3 制度的な枠組み
    4.5.4 財政的な配慮
第5章 将来の展望
  5.1 一つの展望
  5.2 エコサンの利点
    5.2.1 環境への利点
    5.2.2 家庭と近郊への利点
    5.2.3 地方自治体の利点

注釈と参考文献
新着情報  バイオトイレ
のしくみ
災害対策用
バイオトイレ
環境省環境技術
実証事業DVD和文
環境省環境技術
実証事業DVD英文
エコロジカル
サニテーション
 災害・
多目的仕様 
協力
大学
お問い
合わせ
特許関係 炭焼窯 誘導雷
対策装置
カタログ
ダウンロード
会社案内 展示場
案内
販売代理店
募集
リンク
バイオトイレTop > エコロジカルサニテーション
バイオトイレの歩み
バイオトイレ/バイオR21
製品・価格表 建物一体型
移動・常設 バイオトイレ MDBR
建物一体型 常設・ログ調
バイオトイレ JDBR
バイオトイレ オプション
ハイブリッド納入例
バイオトイレ山岳納入例
バイオトイレ全国施工例
し尿分離バイオトイレ施工例
バイオトイレ・バクテリア
セパレート便器
し尿分離システムJSS・SBS
雨水手洗い装置
尿内有価物分離装置
設置参考図面
ランニングコスト
エコロジカルサニテーション原文
エコロジカルサニテーション
し尿分離施工例
エコロジカルサニテーション ECOLOGICAL SANITATION

監訳:松井三郎

PR:世界的なトイレ問題の解決策としてバイオトイレが注目されています。

Copyright (C) 2001 Daio Densetsu Industrial Co.Ltd. All Rights Reserved
           バイオトイレの大央電設工業株式会社.

目次へ