新着情報  バイオトイレ
のしくみ
災害対策用
バイオトイレ
環境省環境技術
実証事業DVD和文
環境省環境技術
実証事業DVD英文
エコロジカル
サニテーション
 災害・
多目的仕様 
協力
大学
お問い
合わせ
特許関係 炭焼窯 誘導雷
対策装置
カタログ
ダウンロード
会社案内 展示場
案内
販売代理店
募集
リンク

バイオトイレTop > 新着情報(バイオトイレ)

バイオトイレの歩み
バイオトイレ/バイオR21
製品・価格表 建物一体型
移動・常設 バイオトイレ MDBR
建物一体型 常設・ログ調
バイオトイレ JDBR
バイオトイレ オプション
ハイブリッド納入例
バイオトイレ山岳納入例
バイオトイレ全国施工例
し尿分離バイオトイレ施工例
バイオトイレ・バクテリア
セパレート便器
し尿分離システムJSS・SBS
雨水手洗い装置
尿内有価物分離装置
設置参考図面
ランニングコスト
バイオトイレ報道情報

イベント参加

新着情報トップへ

独立行政法人 国際協力機構(JICA)の研修実施


去る9月4日(金)独立行政法人 国際協力機構(JICA)の研修を実施しました。 プロジェクト名は「JICAボリビア国生命の水フェーズ2プロジェクト」 この研修の目的等詳細は別紙(こちら参照)の通りです。

南米のボリビア国からの研修生(2名)は、水道・衛生技術に携わる行政職員で、町田社長の講義を受けるだけでなく、現地の実態を説明したりバイオトイレについて質問を出すなど、限られた時間を積極的に活用していました。

ボリビア国では都市部以外は、トイレを使う習慣がまだ日常化していないとのことで、これから水・衛生の行政をどのように進めるかが大きな課題です。環境に負荷をかけないバイオトイレと、エコロジカルサニテーションの組合せが、これからの鍵を握っているようです。

Copyright (C) 2001 Daio Densetsu Industrial Co.Ltd. All RightsReserved
           バイオトイレの大央電設工業株式会社.