新着情報  バイオトイレ
のしくみ
災害対策用
バイオトイレ
環境省環境技術
実証事業DVD和文
環境省環境技術
実証事業DVD英文
エコロジカル
サニテーション
 災害・
多目的仕様 
協力
大学
お問い
合わせ
特許関係 炭焼窯 誘導雷
対策装置
カタログ
ダウンロード
会社案内 展示場
案内
販売代理店
募集
リンク
バイオトイレTop > 山岳納入例 > 山岳ごみ問題

「いま、八ヶ岳で」  生ごみの処理 悩む山小屋  減量・再利用にも課題

八ヶ岳連峰の天狗岳(2,646m)近くにある山小屋「黒百合ヒュッテ」の夕食の食事には新鮮な生野菜が並ぶ。かつて山小屋の食事は缶詰やレトルト食品など保存食が中心であったが、今は違う。一方で悩ましいのは調理によって発生する生ごみの多さだ。「水分が多くて、においもあるので処分が大変」だからだ。この山小屋では7,8月は可燃、不燃ごみ合わせて1ヶ月に200kg〜300kgのごみがでる。山小屋の従業員も担いでふもとに下ろすが、メインは月1回のヘリコプターよる搬出。その費用は1回5万〜6万円かかる。
廃棄物処理法の改正で2001年4月からごみの野焼きや家庭用焼却炉での処分が禁止された。山小屋はヘリコプタに積んだり、従業員が担いでふもとへ運ばざる得なくなった。来年から始まる団塊の世代の定年退職で、登山客も増え、さらにごみが増える可能性が高いごみ処理は山小屋共通の課題である。こうした中、重い生ごみの量を減らして再利用する試みも始まっている。硫黄岳山荘と根石山荘では、家庭用生ごみ処理機を導入して1/3までごみの量を減らし、処理した生ごみは、ふもとの畑で堆肥として活用する。しかし、夏の登山客のピーク時は処理能力が排出量に追いつかず、多くをヘリコプタで運ぶ。赤岳鉱泉では来年夏にも大量の可燃ごみを高温処理して5%ほどに減量し、自家発電もできる新型装置を導入する。しかし開発したメーカによると「誰でも使用できるという操作性や騒音に課題がありまだ実用化は難しい」(開発担当者)。
さらに工場でのテストが必要な段階で、赤岳鉱泉への納入も遅れている。八ヶ岳のごみ処理問題にはまだまだ時間がかかりそうである。

                            信濃毎日新聞 2006年9月27日版より抜粋

Copyright (C) 2001 Daio Densetsu Industrial Co.Ltd. All Rights Reserved
           バイオトイレの大央電設工業株式会社.

バイオトイレの歩み
バイオトイレ/バイオR21
製品・価格表 建物一体型
移動・常設 バイオトイレ MDBR
建物一体型 常設・ログ調
バイオトイレ JDBR
バイオトイレ オプション
ハイブリッド納入例
バイオトイレ山岳納入例
バイオトイレ全国施工例
し尿分離バイオトイレ施工例
バイオトイレ・バクテリア
セパレート便器
し尿分離システムJSS・SBS
雨水手洗い装置
尿内有価物分離装置
設置参考図面
ランニングコスト
山岳生ごみ問題
縞枯山荘実測データ
山小屋トイレ問題
山岳納入例