新着情報  バイオトイレ
のしくみ
災害対策用
バイオトイレ
環境省環境技術
実証事業DVD和文
環境省環境技術
実証事業DVD英文
エコロジカル
サニテーション
 災害・
多目的仕様 
協力
大学
お問い
合わせ
特許関係 炭焼窯 誘導雷
対策装置
カタログ
ダウンロード
会社案内 展示場
案内
販売代理店
募集
リンク
バイオトイレの歩み
バイオR21・システムの特徴
バイオトイレTop > 尿内有価物 JICA報道資料
バイオトイレの歩み
バイオトイレ/バイオR21
製品・価格表 建物一体型
移動・常設 バイオトイレ MDBR
建物一体型 常設・ログ調
バイオトイレ JDBR
バイオトイレ オプション
ハイブリッド納入例
バイオトイレ山岳納入例
バイオトイレ全国施工例
し尿分離バイオトイレ施工例
バイオトイレ・バクテリア
セパレート便器
し尿分離システムJSS・SBS
雨水手洗い装置
尿内有価物分離装置
設置参考図面
ランニングコスト
エコサン説明資料
尿内有価物、JICA報道資料

尿内有価物 JICA報道資料

■9月5日(土曜日) 信濃毎日新聞

ボリビアの水道管理の職員2人バイトトイレ視察
 ボリビアの水道や公衆衛生を管理する2県の職員2人が4日、茅野市豊平のバイオトイレ製造・販売、大央電設工業を視察に訪れた。国際協力機構(JICA)がボリビアの水環境向上のため2008年から取り組むプロジェクトの一環。

2人は8/17から日本に滞在し、日本の水道事業などについて研修を受けている。この日は節水と衛生の両面で利点があるバイオトイレについて学んだ。

訪れたのは、チュキサカ県のホセ・ルイス・リオスさん(38)とラパス県のカルロス・マイダさん(50)。 2人は町田喜義社長(61)から約2時間半にわたり、特殊な構造の便器で便と尿を完全に分離し、便は微生物の力で分解。尿は肥料となる成分を取りだして水に浄化する仕組みなどを聞いた。実際に社員が使っているバイオトイレも見学したほか、バイオトイレからできた肥料で育てたキュウリやスイカを試食した。 雨水をため、手洗いに利用したり、電気は太陽光発電と風力発電でまかなったりしている工夫も聞いたカルロスさんは「素晴らしい技術だと感じた。衛生的なトイレを整備できるよう、今後に生かしていきたい」と話していた。

s

■6月30日(月曜日) 長野日報

■7月5日(土曜日) 信濃毎日新聞

■7月8日(火曜日) 日経

■9月5日(土曜日) 長野日報

バイオトイレに学ぶ
ボリビアの行政職員2人 給水技術研修で視察

独立行政法人国際協力機構(JICA)の事業で南米のボリビアから日本に地方給水技術などについて研修に訪れている現地の行政職員2人が4日、茅野市豊平の大央電設工業(町田喜義社長)を視察した。今後の同国の行政に生かそうと、同社のバイオトイレの技術について水質管理の考え方や効果的な利用方法を聞き、研さんを積んだ。 JICAは、水源の枯渇や下水の地下浸透による水質汚濁が懸念されるボリビアで、日本人技術者を派遣したり機器を提供したりしながら、上水の節水や下水排出にかかわる公衆衛生の意識向上などに協力している。 今回の研修は、8月中旬から20日間ほどの日程で現地関係者が来日。日本の施設や技術に直接触れる機会とした。同社では、町田社長から独自の技術でし尿を完全に分解するバイオトイレについて説明を受けた。 町田社長は、し尿の処理が水の浄化につながることを強調し、「尿は栄養の宝庫で貴重な資源。バイオトイレで完全に分解、処理し回収すれば、きちんと循環させることもできる」として、自社の技術と設備に必要な条件などを指導した。研修に訪れた職員2人は熱心にメモを取ったり写真を撮ったりしながら、安全性や機械の仕組みなどを質問していた。カルロスーマイダさんは「(バイオトイレは)まだ技術を導入したばかり。 (研修で)分からないことがクリアになった。国の事業に反映させたい」と話した。

Copyright (C) 2001 Daio Densetsu Industrial Co.Ltd. All Rights Reserved
           バイオトイレの大央電設工業株式会社.