尿内有価物分離装置
エコロジカルサニテーション
新着情報  バイオトイレ
のしくみ
災害対策用
バイオトイレ
環境省環境技術
実証事業DVD和文
環境省環境技術
実証事業DVD英文
エコロジカル
サニテーション
 災害・
多目的仕様 
協力
大学
お問い
合わせ
特許関係 炭焼窯 誘導雷
対策装置
カタログ
ダウンロード
会社案内 展示場
案内
販売代理店
募集
リンク
バイオトイレ セパレート便器
災害・多目的仕様バイオトイレのご提案
What's new
当社およびバイオトイレに関する当サイトの最新情報です。
信州大学との共同出願の好気性バクテリアが特許になりました。以前のバイオトイレは菌床はおが粉で油成分の分解は不可能。悪臭汚泥の発生がありました。現在のバイオR21 バイオトイレは高性能化し、菌床はそば殻+おが粉少々で好気性バクテリアを初期投入します。油成分まで分解が可能な高性能なバイオトイレとなり、菌床の交換が不要でメンテナンス削減を実現した高性能バイオトイレです。オプションの組み合わせでさらにバイオトイレの性能アップ!
信州大学と協同出願の好気性バクテリアが特許になりました!
以前のバイオR21
現在のバイオR21
2017年12月10日 全国施工例山岳納入例し尿分離納入例
             新潟県湯沢町 ガーラ湯沢スキー場を追加しました。詳しくはこちらをご覧下さい。

2017年12月10日 
11月15日〜17日トイレ産業展2017に出展しました。詳しくはこちらです。

2017年11月15日
 バイトトイレコンポスト実験2017年10月の様子はこちらです。

2017年11月13日 
11月15日〜17日(10:00〜17:00) 東京ビッグサイト(有明・東京国際展示場)
             東6ホールにおいて行われるトイレ産業展2017に出展します。
             多くの方のご来場をお待ちしております。弊社の出店のみどころはこちらです。
             トイレ産業展2017の詳細は下記ウエブサイトにてご覧ください。(English)
             トイレ産業展2017ホームページ   http://www.jma.or.jp/toilet/

2017年10月16日 バイトトイレコンポスト実験2017年9月の様子はこちらです。

2017年9月12日 バイトトイレコンポスト実験2017年8月の様子はこちらです。

2017年9月1日  全国施工例山岳納入例に北海道新得町 サホロリゾートスキー場
            を追加記載しました。詳しくはこちらをご覧下さい。

2017年8月7日  全国施工例山岳納入例し尿分離納入例
            八ヶ岳中信高原国定公園 美ヶ原高原塩くれ場園地公衆トイレを追加記載しました。
            詳しくはこちらをご覧下さい。

2017年8月7日  今年もコンポスト実験を掲載します。 2017年7月の様子はこちらです。

2017年7月10日  全国施工例山岳納入例し尿分離納入例、ハイブリッ納入例
            兵庫県宍粟市 氷ノ山坂を追加しました。詳しくはこちらをご覧下さい。

2017年3月25日 
全国施工例し尿分離納入例に山梨県富士吉田市  不二阿祖山太神宮 太神宮会館を
            追加しました。詳しくはこちらをご覧下さい。

2017年3月12日 全国施工例し尿分離納入例に山梨県 北杜市 デコ ボタニカルを
            追加しました。詳しくはこちらをご覧下さい。

2016年12月18日
全国施工例し尿分離納入例に山梨県富士吉田市 不二阿祖山太神宮を
             追加しました。詳しくはこちらをご覧下さい。

2016年11月27  
コンポスト実験を2016年10月の様子はこちらから。

2016年10月20日 コンポスト実験を2016年9月の様子はこちらから。

2016年9月20日  コンポスト実験を2016年8月の様子はこちらから。

2016年9月20日 
第7回「震災対策技術展」東北へ出展しました。詳しくはこちらをご覧下さい。

2016年8月22日  全国施工例に兵庫県神戸市 阪神高速道路 妙法寺換気所を追加しました。詳しくはこちらをご覧下さい。

2016年8月22日 
第7回「震災対策技術展」東北へ出展します。詳しくはこちらをご覧下さい。

2016年8月11日  全国施工例山岳納入例し尿分離納入例に長野県茅野市 蓼科山登山口駐車場を
           
 追加しました。詳しくはこちらをご覧下さい。

2016年8月7日
  今年もコンポスト実験を掲載します。 2016年7月の様子はこちらです。

2016年7月31日 全国施工例に石川県輪島市 舳倉島発電所を追加しました。詳しくはこちらをご覧下さい。

2016年5月6日 
全国施工例山岳納入例し尿分離納入例に長野県茅野市 蓼科山登山口駐車場を
            追加しました。詳しくはこちらをご覧下さい。

2016年5月6日 
全国施工例し尿分離納入例に埼玉県東松山市 鞍掛橋左岸駐車場内
            を追加しました。詳しくはこちらをご覧下さい。

2016年5月6日 
全国施工例し尿分離納入例に埼玉県東松山市 鞍掛橋右岸拠点地内
            を追加しました。詳しくはこちらをご覧下さい。

2016年4月24日 
全国施工例山岳納入例し尿分離納入例、ハイブリッド納入例に兵庫県 福崎町 七種山
            を追加しました。詳しくはこちらをご覧下さい。
バイオトイレの歩み
バイオトイレ/バイオR21
製品・価格表 建物一体型
移動・常設 バイオトイレ MDBR
建物一体型 常設・ログ調
バイオトイレ JDBR
バイオトイレ オプション
ハイブリッド納入例
バイオトイレ山岳納入例
バイオトイレ全国施工例
し尿分離バイオトイレ施工例
バイオトイレ・バクテリア
セパレート便器
し尿分離システムJSS・SBS
雨水手洗い装置
尿内有価物分離装置
設置参考図面
ランニングコスト
バイオトイレ/バイオR21とは
  ・バイオトイレは水を使わないバイオ微生物処理の新技術
  ・トイレの臭気は完全にカット、無臭で快適
  ・管理も簡単、汲み取り不要
  ・有機物は完全消滅
   (重量センサーシステム・し尿分離システム)
  ・コンポスト利用は1/3程度まで可能
  ・菌床はそば殻100%
  ・水不足の不安も解消
  ・半導体ヒーターによる大幅な省エネと信頼性の実現
  ・コントローラーのオールデジタル制御(安全制御)                       

        >>バイオトイレの原理はこちらをご覧下さい。
バイオトイレ開発における協力大学 
弊社では信州大学農学部と「バイオトイレにおける微生物処理の解明」の共同研究を行っております。

京都大学 地球環境学大学院 松井名誉教授とバイオトイレでエコロジカルサニテーションを実現するべく
協力を得て開発を進めております。
                              >>バイオトイレ協力大学についてはこちらをご覧下さい。
バイオトイレ製品情報   

当社のバイオトイレ製品は災害対策用バイオトイレ移動型バイオトイレ仮設型バイオトイレ
常設ログ調型バイオトイレバイオトイレピット単体、各種オプション等多彩なラインナップとなっております。

特に当社のオプションは、重量センサシステムによる処理能力管理システム災害対策用にセパレート便器と
重量センサシステムの組み合わせによるし尿分離システム
雨水利用の資源回収システム等の特徴を備えております。

バイオトイレ/バイオR1のバクテリアについて  なぜバクテリアはし尿を分解できるのでしょう。
当社のバイオトイレは、過酷な環境の山岳に多数納入しております。
また全国にバイオトイレの納入実績があり、稼動しております。
し尿分離型バイオトイレも全国に多数納入
しております。
ハイブリッド型バイオトイレの納入例もございます。
バイオトイレ施工実績
植物は、炭酸ガスCO2と水H2Oを光合成して有機物C6H12O6(グルコース)を作ります。この時の副産物が酸素O2です。
    6CO2+6H2O=C6H12O6+6O2
この光合成には太陽熱を吸収しております。 
バイオトイレ/バイオR1のバクテリアについてさらに詳しくはこちらで解説しています。

バイオトイレ セパレート便器の必要性
 これまで日本にはし尿分離ができるセパレート便器がほとんどありませんでした。その理由は、現在日本では、下水道や合併浄化槽を使用することが条例で決められている地域が多く、大便と小便は混ぜて水洗で処理することが、衛生的で理想とされているからです。
バイオトイレ セパレート便器はさらに詳しくはこちらで解説しています。
SBS(し尿分離システム)が特許になりました。!
弊社バイオトイレの大きな特徴である、SBS(し尿分離システム)が平成23年1月28日付けで
特許になりました。(特許第4671407号)
先に開発したJSS(重量センサーシステム)との併用により、し尿分離を自動制御するシステムです。

バイオトイレ し尿分離システム さらに詳しくはこちらで解説しています。

日本は地震大国ともいわれるように、過去十数年間に阪神淡路大震災・新潟県中越地震・九州西方沖地震・宮城沖地震等震災がありました。日本列島はもはや南関東地震・東海地震・南海地震等、いつ何処で地震災害が発生するかわからない状況です。
水洗トイレが普及するなか、ライフラインが止まる災害が起きたとき、トイレの問題は深刻な事態となります。
災害・多目的仕様バイオトイレのご提案 詳しくはこちらで解説しています。

〒391-0213
長野県茅野市豊平1872
 大央電設工業株式会社
TEL 0266-82-2233
E-mail:office@daiobio.co.jp

国立研究開発法人 科学技術振興機構より「尿内有価物分離装置」の実施権を許諾

バイオR21

オプションの組み合わせでバイオトイレの性能UP!
松井三郎京都大学名誉教授らの開発による特許「尿内有価物分離装置」の実施権
を国立研究開発法人科学技術振興機構より許諾され、実用化に向けて準備中。  
              「尿内有価物分離装置」詳細はこちらから

Copyright (C) 2001 Daio Densetsu Industrial Co.Ltd. All Rights Reserved
           バイオトイレの大央電設工業株式会社.

JSS(重量センサーシステム)
SBS(し尿分離システム)
自己処理型バイオトイレ「バイオR21」  大地の力を処理槽に再現

廃棄有機物微生物処理器「バイオR21」は、水洗でもなく、汲み取りでもない、バイオ微生物処理による、地球にやさしい循環、リサイクル型バイオトイレです。
バイオトイレ「バイオR21」は、し尿はもちろん生ゴミ、廃食用油も処理します。

以前のバイオトイレは、おが粉に含まれるバクテリアに分解処理を任せる物でしたが油成分の分解が不完全で悪臭が発生するなど、年に何回かおが粉の交換が必要でした。
信州大学農学部との共同研究開発により、自然界から発見した好気性バクテリア(バチルス属)の組合せにより油成分の微生物処理に成功しました。(特許第4105563号)

この好気性バクテリアを初期投入することにより、自己処理型バイオトイレ「バイオR21」の菌床の入れ替えは基本的に必要なくなり、メンテナンスが大きく軽減されました。コンポストとして使用する場合は1/3程度まで取り出し可能です。菌床の取り替えも、基本的に必要なくなりました。
          
バイオトイレはメンテナンスに手が掛かるという常識を覆す自己処理型バイオトイレ「バイオR21」。
また、ハイブリットシステムを搭載した、一体型移動式バイオトイレ(MDBR)は、バイオトイレ仕様重量センサーシステム併用のし尿分離システム (特許第4671407号)バイオトイレ仕様セパレート便器
(特許第4515962号)
等の開発により、山や海、災害時、イベントなどあらゆる場面で、活躍の場が広がっています。 より環境にやさしく、災害時に頼れるバイオトイレとなるために進化を続けています。