新着情報  バイオトイレ
のしくみ
災害対策用
バイオトイレ
環境省環境技術
実証事業DVD和文
環境省環境技術
実証事業DVD英文
エコロジカル
サニテーション
 災害・
多目的仕様 
協力
大学
お問い
合わせ
特許関係 炭焼窯 誘導雷
対策装置
カタログ
ダウンロード
会社案内 展示場
案内
販売代理店
募集
リンク

セパレート便器  色見本  (画像クリックで拡大表示されます。)

バイオトイレTop> バイオトイレ セパレート便器

セパレート便器設置例 画像クリックで拡大します。

    グレー DN−3              クリーム DN−2              ワイン DN−4        

Copyright (C) 2001 Daio Densetsu Industrial Co.Ltd. All Rights Reserved
           バイオトイレの大央電設工業株式会社.

セパレート便器の必要性 「特許第4515962号」  「意匠第1507127号」

 これまで日本にはし尿分離ができるセパレート便器がほとんどありませんでした。その理由は、現在日本では、下水道や合併浄化槽を使用することが条例で決められている地域が多く、大便と小便は混ぜて水洗で処理することが、衛生的で理想とされているからです。
しかし、それは水資源が豊富で、経済的にもある程度恵まれ狭い土地に多くの人間が生活しているから実現できていることです。世界に目を向ければもっと厳しい自然の中で、地球環境に負荷をかけないで生活している人々が多数いるのです。         
し尿を分離し、安全な形で大地に返して植物が活用するという考え方が世界中で始まっています。それがエコロジカルサニテーションです。その点で日本は非常に遅れています。地球環境に逆らわない資源循環型社会を目指して、できることから行動することが大切です。
この便器が開発されるまでは、スウェーデン製の便器を輸入して利用していましたが、床下にピットが必要でした。便器を処理槽に直接取り付けることでピットが不要となり工事費の削減にもなります。
 また、この便器を使用することで、災害・多目的仕様の移動可能な自己処理型バイオトイレMDBRは、災害時や回数が読めないイベントなど、一度に多くの使用がある場合も使用制限を気にせず使用していただけます。
 この様に、し尿分離型セパレート便器の開発により、自己処理型バイオトイレの可能性が大きく広がりました。便器のカラーは、グレー・クリーム・ワインの3色から、お選び頂けます。

バイオトイレの歩み
バイオトイレ/バイオR21
製品・価格表 建物一体型
移動・常設 バイオトイレ MDBR
建物一体型 常設・ログ調
バイオトイレ JDBR
バイオトイレ オプション
ハイブリッド納入例
バイオトイレ山岳納入例
バイオトイレ全国施工例
し尿分離バイオトイレ施工例
バイオトイレ・バクテリア
セパレート便器
し尿分離システムJSS・SBS
雨水手洗い装置
尿内有価物分離装置
設置参考図面
ランニングコスト